南ベルカ国営兵器産業廠

プラモデル完成品置き場

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

1/144 F/A-18E スーパーホーネット VFA-195 ダムバスターズ Chippy Ho! 2011年仕様

ドイツレベル 1/144 F/A-18E スーパーホーネット VFA-195 ダムバスターズCAG機 2011年仕様を作成。
F/A-18E VFA-195 NF400 2011

2011年に発売されたドイツレベル新金型のF/A-18EとMYKデカールを使用し、
F/A-18Cから機種転換したVFA-195のスーパーホーネットNF400を作成した。
F/A-18E VFA-195 NF400 2011

MYKデカールでは来日時のFLY-IN仕様の為、主翼と水平尾翼のチェッカー模様は塗装で再現した。
また、機首側面から機体後方上面にかけての緑色のラインがデカールでは実機とは若干異なる為、これも塗装で再現している。(緑色のラインが後方で重なる部分がちょっと違う)
F/A-18E VFA-195 NF400 2011

ドイツレベルの新金型キットではブロック2仕様を再現しているが、
機首レドーム先端の分割ラインは実際のブロック2仕様には存在しない。
また、増槽に貼るチェッカーのデカールは若干長さが足りない。あと15~20%位長いほうが良い感じ。
元々ドラゴン製のキット用のデカールではあるが、タンクの太さはドラゴンとはほとんど変わらない。
F/A-18E VFA-195 NF400 2011

上面。
前述のとおり来日時のFLY-IN仕様では主翼と水平尾翼のチェッカー塗装が存在せず
若干おとなしめの塗装という印象があったが、チェッカー塗装を大胆に追加することで面白みのある塗装になった。
塗装パターンは2011/09/10の厚木フレンドシップデイで公開された実機を参考にしている。
F/A-18E VFA-195 NF400 2011

下面。
機体下面にはチェッカー塗装は施されていない。
本キットでは脚庫やランディングギアなどの脚周りが細かく表現されている。
武装はAIM-120C×2。AIM-9X×2。GBU-31 JDAM×2。MK83通常爆弾×2。増槽×1。
キットには増槽が2本付属している。
F/A-18E VFA-195 NF400 2011

主翼武装。
過去の各社のスーパーホーネットのキットには付属していなかったAIM-120用のパイロンやATFLIRのアダプターも本キットには付属している。
F/A-18E VFA-195 NF400 2011

尾翼間の新型排熱ダクト(チムニーダクト)。
最近ではNF200などブロック1仕様の機体でもこのタイプのダクトに改修されている。
F/A-18E VFA-195 NF400 2011

ドイツレベルの新金型キットは同社1/72のものをそのまま縮小した感じで非常に良い出来。
このスケールのスーパーホーネットのキットとしては決定版と言える。
但し主翼下部の上面パーツと下面パーツの分割ラインが変な場所にあり、接合部の処理が面倒なのがマイナス点。
既にF型やG型の金型も完成している模様なので、F/A-18FやEA-18Gも遠くない将来に発売されると思われる。
尚、本キットにはVFA-31トムキャッターズCAG機AJ100の2010年仕様のデカールが付属している。
F/A-18E VFA-195 NF400 2011

以前作成した機種転換前のF/A-18C NF400との比較。
F/A-18E VFA-195 NF400 2011

テーマ:模型・プラモデル - ジャンル:趣味・実用

1/144 A-12 アヴェンジャーII

アニグランド製レジンキット 1/144 A-12 アヴェンジャー2を作成。
A-12 Avenger II

本キットはアニグランド社「1/144 ロッキード XR6O-1/R6V-1 コンスティテューション」のオマケとして付属しているもの。
A-12 Avenger II

A-12はA-6イントルーダーの後継として米海軍が計画したステルス艦上攻撃機。
試作機も完成せず1991年に開発中止となった。現在は実物大モックアップのみが存在する。
A-12 Avenger II

このキットはパーツ数も少なく組み立て易いがキャノピーの透明レジンパーツの合いがイマイチだった。
A-12 Avenger II

上面。
機体形状は完全デルタ型の全翼機でコクピットは縦列複座配置。
A-12 Avenger II

下面。
本機のエンジンは双発であるが排気口は1つのみで機体後部の目立たない位置に配置されている。
武装は全て機体ウェポンベイ内部に収納する方式を採用。
A-12 Avenger II

現在の海軍主力機F/A-18Eスーパーホーネットとの比較。
多額の予算を投じたA-12計画の失敗の結果、F/A-18の拡大発展型であるスーパーホーネットが生まれた。
A-12 Avenger II

テーマ:模型・プラモデル - ジャンル:趣味・実用

1/144 E-2C ホークアイ2000 VAW-115 CAG機 2010年仕様

ドイツレベル 1/144 E-2C ホークアイでVAW-115リバティベルズCAG機の2010年仕様を作成。
E-2C VAW-115 2010

今回はFOXONEのホークアイ2000改造パーツとWolfPack DesignのFolded Wing改造セットを使用し、VAW-115CAG機2010年仕様の主翼収納状態を再現。
E-2C VAW-115 2010

NF600の2010年仕様のデカールは改造パーツに付属のものを使用。
米国籍マークとウォークラインのデカールはキットのものを使用。
E-2C VAW-115 2010

この機体はホークアイ2000への更新の為に2010年2月に空母ニミッツに配備されていたVAW-117との機体交換で配備されたもの。
塗装は2010年4月以降の状態。
E-2C VAW-115 2010

上面。
E-2C VAW-115 2010

下面。
E-2C VAW-115 2010

E-2C VAW-115 2010

以前作成したNF600の2009年仕様との比較。
ロトドーム上のアンテナ形状などが異なる。
E-2C VAW-115 2010

テーマ:模型・プラモデル - ジャンル:趣味・実用

1/144 F/A-18E スーパーホーネット VFA-115 イーグルス CAG機 2010年仕様

童友社現用機コレクション「紺碧の海と雀蜂」で 1/144 F/A-18E スーパーホーネット
VFA-115 イーグルスCAG機 2010年仕様を作成。
F/A-18E VFA-115 NF300

ベースキットは童友社を使用しドラゴンやJwings4のパーツ使って改造・リペイントしている。
武装はドラゴン、デカールはRoseRidgeを使用。
デカールはNF300とCVW-14時代のNK200が選択可能。
F/A-18E VFA-115 NF300

VFA-115の機体はblock2仕様の為、グロウラーと同様に尾翼間のダクトをプラ板でそれっぽく作成している。
F/A-18E VFA-115 NF300

上面。
F/A-18E VFA-115 NF300

下面。
武装はAIM-9X×2。増槽×3。
F/A-18E VFA-115 NF300


F/A-18E VFA-115 NF300

機首には911テロで犠牲になったNY市消防局の追悼マーク。
F/A-18E VFA-115 NF300

新旧NF300の比較。
VFA-115は2009年12月からVFA-192と交替で厚木に配備されている。
F/A-18E VFA-115 NF300

テーマ:模型・プラモデル - ジャンル:趣味・実用

1/144 F/A-18E スーパーホーネット VFA-27 ロイヤルメイセスCAG機 2009年シャークマウス仕様

童友社現用機コレクション「紺碧の海と雀蜂」で 1/144 F/A-18E スーパーホーネット
VFA-27 ロイヤルメイセスCAG機 2009年シャークマウス仕様を作成。
F/A-18E VFA-27 NF200 SHARK

F/A-18E本体は例によって童友社をベースにJwings4、ドラゴンのパーツから作成。
F/A-18E VFA-27 NF200 SHARK

デカールはドラゴン1/144キット付属のものを使用。
但しデカールNo17,18は色が薄いのでジャンクデカールを切り出して作成。
F/A-18E VFA-27 NF200 SHARK

上面。
F/A-18E VFA-27 NF200 SHARK

下面。
武装はAIM-9X×2。AGM-88×2。増槽×3。
F/A-18E VFA-27 NF200 SHARK

尾翼。
F/A-18E VFA-27 NF200 SHARK

ホーネット系の機体ではほとんと見かけないシャークマウス。
2009年9月~12月の間だけ施されたマーキング。
F/A-18E VFA-27 NF200 SHARK

機首のシャークと200番の位置以外は特に塗装に変更は見られない。
F/A-18E VFA-27 NF200 SHARK

テーマ:模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル:趣味・実用

FC2Ad

まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。