南ベルカ国営兵器産業廠

プラモデル完成品置き場

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

1/144 F/A-18E スーパーホーネット VFA-14 トップハッターズ90周年記念塗装

童友社現用機コレクション「紺碧の海と雀蜂」で 1/144 F/A-18E スーパーホーネット
VFA-14 トップハッターズCAG機 90周年記念塗装仕様を作成。
1/144 F/A-18E VFA-14 90th Anniversary

今回は童友社をベースにコクピットをJwings4から、前脚や武装をドラゴンから流用して
3個イチで作成。 90周年記念デカールはドラゴンのキットを使用。
1/144 F/A-18E VFA-14 90th Anniversary

記念塗装で一番特徴的な尾翼のマーキング
1/144 F/A-18E VFA-14 90th Anniversary

上面。
1/144 F/A-18E VFA-14 90th Anniversary

下面。
武装はAIM-9X×2。増槽×3。
1/144 F/A-18E VFA-14 90th Anniversary

コクピット部はコケシを取り外してJWings4のライノのコクピットパーツを取り付けている。
何故かコクピットパーツの横をちょっと削るだけでピッタリ合う。
1/144 F/A-18E VFA-14 90th Anniversary

童友社のF/A-18E/Fはプロポーションがドラゴンのキットとほぼ同じ。
さらにパーツ精度が高いので合わせ目消しが楽にできる。
モールドはドラゴンに比べるとあっさりしている。
キャノピーが薄く透明度が高い。
1/144のスパホのベースキットとしては非常に優れている。
1/144 F/A-18E VFA-14 90th Anniversary

童友社のキットからの改修点は
・両翼のサイドワインダーを削り落としてドラゴンのキットから流用
・着艦フックが一体化しているので加工して基部を作り、フックをドラゴンから流用
・ステーション2と10のパイロンのAMRAAMを削り落とす
・前脚をドラゴンから流用
・各部のアンテナを追加
1/144 F/A-18E VFA-14 90th Anniversary

トップハッターズCAG機旧塗装(左側。童友社のものをストレートに組んだもの)との比較。
今回はこれをリペイントして90周年記念塗装(右側)を作成している。
1/144 F/A-18E VFA-14 90th Anniversary

【更新】
[2010/08/22] 塗装修正に伴い画像差替(主翼・水平尾翼端に黒帯塗装追加)

.

テーマ:模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル:趣味・実用

FC2Ad

まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。