南ベルカ国営兵器産業廠

プラモデル完成品置き場

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Jwings 1/144 F/A-18C ホーネット VMFA-212 "Lancers" WD-01 2008

Jwings4のF/A-18C ホーネットをリペイントして、
VMFA-212ランサーズ隊長指定機 2008年仕様を作成。
Jwings 1/144 F/A-18C VMFA-212 WD01 2008


デカールはRoseRidge製を使用。
この機体は2008年3月の部隊解散時点の隊長機を再現。
Jwings 1/144 F/A-18C VMFA-212 WD01 2008


上面。
Jwings 1/144 F/A-18C VMFA-212 WD01 2008


下面。武装はAIM-9L/M×2、GBU-10×2、増槽×3。
この機体はインテーク周りがダークブルーで塗装されている。
Jwings 1/144 F/A-18C VMFA-212 WD01 2008


今回作成した3機は機首、インテーク部分、胴体後部の合わせ目を消して全面リペイントしている。
使用色はガイアの現用制空機カラー、機体上面色、機体下面色。
制空機カラーはカフェレオが監修しているのでほぼリペイント前の色が再現できる。
Jwings 1/144 F/A-18C VMFA-212 WD01 2008


以前作成したドイツレベル版(2007年仕様)との比較。
以前ドイツレベル版は機首が長いと書いたが、実際には
機体上下の厚みが足りないので機首が長く見えてしまう。
Jwings 1/144 F/A-18C VMFA-212 WD01 2008

テーマ:模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル:趣味・実用

FC2Ad

まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。