南ベルカ国営兵器産業廠

プラモデル完成品置き場

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

1/144 F/A-18E スーパーホーネット VFA-195 ダムバスターズ Chippy Ho! 2011年仕様

ドイツレベル 1/144 F/A-18E スーパーホーネット VFA-195 ダムバスターズCAG機 2011年仕様を作成。
F/A-18E VFA-195 NF400 2011

2011年に発売されたドイツレベル新金型のF/A-18EとMYKデカールを使用し、
F/A-18Cから機種転換したVFA-195のスーパーホーネットNF400を作成した。
F/A-18E VFA-195 NF400 2011

MYKデカールでは来日時のFLY-IN仕様の為、主翼と水平尾翼のチェッカー模様は塗装で再現した。
また、機首側面から機体後方上面にかけての緑色のラインがデカールでは実機とは若干異なる為、これも塗装で再現している。(緑色のラインが後方で重なる部分がちょっと違う)
F/A-18E VFA-195 NF400 2011

ドイツレベルの新金型キットではブロック2仕様を再現しているが、
機首レドーム先端の分割ラインは実際のブロック2仕様には存在しない。
また、増槽に貼るチェッカーのデカールは若干長さが足りない。あと15~20%位長いほうが良い感じ。
元々ドラゴン製のキット用のデカールではあるが、タンクの太さはドラゴンとはほとんど変わらない。
F/A-18E VFA-195 NF400 2011

上面。
前述のとおり来日時のFLY-IN仕様では主翼と水平尾翼のチェッカー塗装が存在せず
若干おとなしめの塗装という印象があったが、チェッカー塗装を大胆に追加することで面白みのある塗装になった。
塗装パターンは2011/09/10の厚木フレンドシップデイで公開された実機を参考にしている。
F/A-18E VFA-195 NF400 2011

下面。
機体下面にはチェッカー塗装は施されていない。
本キットでは脚庫やランディングギアなどの脚周りが細かく表現されている。
武装はAIM-120C×2。AIM-9X×2。GBU-31 JDAM×2。MK83通常爆弾×2。増槽×1。
キットには増槽が2本付属している。
F/A-18E VFA-195 NF400 2011

主翼武装。
過去の各社のスーパーホーネットのキットには付属していなかったAIM-120用のパイロンやATFLIRのアダプターも本キットには付属している。
F/A-18E VFA-195 NF400 2011

尾翼間の新型排熱ダクト(チムニーダクト)。
最近ではNF200などブロック1仕様の機体でもこのタイプのダクトに改修されている。
F/A-18E VFA-195 NF400 2011

ドイツレベルの新金型キットは同社1/72のものをそのまま縮小した感じで非常に良い出来。
このスケールのスーパーホーネットのキットとしては決定版と言える。
但し主翼下部の上面パーツと下面パーツの分割ラインが変な場所にあり、接合部の処理が面倒なのがマイナス点。
既にF型やG型の金型も完成している模様なので、F/A-18FやEA-18Gも遠くない将来に発売されると思われる。
尚、本キットにはVFA-31トムキャッターズCAG機AJ100の2010年仕様のデカールが付属している。
F/A-18E VFA-195 NF400 2011

以前作成した機種転換前のF/A-18C NF400との比較。
F/A-18E VFA-195 NF400 2011
スポンサーサイト

テーマ:模型・プラモデル - ジャンル:趣味・実用

FC2Ad

まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。