南ベルカ国営兵器産業廠

プラモデル完成品置き場

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

1/144 F-2 スーパー改

トミーテック技MIX 1/144 F-2Aを改造してF-2スーパー改を作成。
F-2スーパー改はロッキード・マーティンが提示したF-2の能力向上プランで
実機は存在しない架空の機体。
F-2 SUPER KAI

「改造」と言ってもCFTを付けただけで本体部分は技MIXから全くの無改造である。
増槽は合わせ目を消して再塗装し、MYKデカールでマーキングを再生している。
F-2 SUPER KAI

CFTはFOXONEのF-16の部品を流用。
すり合わせはほとんど不要でそのまま使用できる。

薄い青の部分の塗装はクレオスの空自洋上迷彩カラーセットのシャローオーシャンブルーを使おうとしたが、技MIXの本体とは色味が違うのでそのまま塗装すると結構な違和感が出てしまう。
本体をリタッチするのにクレオスをそのまま使おうとしている人は注意。

今回は目視で調色したがそれでも全く同じ色には出来なかった。
技MIXの塗装色のほうがクレオスのカラーセットよりイメージ的に近いと思うので是非ともリタッチ用にカラーレシピを掲載して欲しいところである。
F-2 SUPER KAI

上面。
CFTの迷彩は本体の迷彩ラインに繋がるように塗装している。
F-2 SUPER KAI

下面。
武装はXASM-3 空対艦ミサイル×4、AAM-5 "04式空対空誘導弾"×4。増槽×3。
XASM-3は現在開発中の新型対艦ミサイルで最高速度マッハ5以上、射程距離150km以上。
今回はASM-2の実弾に倣ってブルーで塗装している。
F-2 SUPER KAI

前面から見るとCFTが目立つ。
F-2 SUPER KAI

技MIXのF-2は本体部分の接合面がうまく隠れるような分割にしたり、
精密なディテールなど素晴らしい出来ではあるが、
それだけに増槽の合わせ目が目立つのは残念。

増槽は輪切りのような接合面の目立たない分割にするか、合わせ目を消して再塗装することをを前提としてマーキング類を後から貼るような形式にして欲しい。

キャノピーは三分割構成だがしっかりすり合わせをしないと綺麗に接着できない。
多少値段は高くなっても良いので一体型のキャノピーも入れて欲しかった。

トミーテックはF-15などでも金型改修や追加を積極的に行っているのでF-2に関しても今後の改善に期待している。
F-2 SUPER KAI

細かい文句を色々と書いてしまったが技MIXのF-2は本当に素晴らしい。
F-22の自衛隊架空仕様も発売したトミーテックのことなので、そう遠くない未来にF-2スーパー改もきっと発売してくれると思う。
その際には今回の武装の他にもスナイパーXRやJDAMも入れて欲しいところ。
F-2 SUPER KAI
スポンサーサイト

テーマ:模型・プラモデル - ジャンル:趣味・実用

1/144 V-22J オスプレイ 航空自衛隊仕様

エフトイズ ヘリボーンコレクション3の1/144 V-22オスプレイをリペイントして架空塗装の航空自衛隊仕様を作成。
V-22J OSPRAY JASDF

塗装パターンはUH-60J洋上迷彩を参考にしている。クレオスの洋上迷彩カラーセットを使用。
V-22J OSPRAY JASDF

作例は合わせ目を消した程度でほぼ無改造。ローターブレードは塗装もオリジナルのまま。
V-22J OSPRAY JASDF

ティルトローター機の特徴でもあるエンジンナセルの90度回転が可能。
V-22J OSPRAY JASDF

上面。
V-22J OSPRAY JASDF

下面。
モデルは機体後部の貨物ハッチが開閉可能であるが今回ハッチは閉状態で固定としている。
V-22J OSPRAY JASDF

このモデルは2006年に発売されたもので現在量産されている米海兵隊型MV-22や米陸軍型CV-22とは各部に差異がある。
給油プローブは本作では固定式であるが、CV-22やMV-22では伸縮式となっていたりする。
プラッツから近日発売されるオスプレイのキットはMV-22なので日本に配備された最新の機体を再現している模様。
V-22J OSPRAY JASDF


V-22J OSPRAY JASDF


V-22J OSPRAY JASDF

同スケールのUH-60Jとの比較。
オスプレイは輸送機ということで機体はかなり大きい。
V-22J OSPRAY JASDF

ヘリボーンコレクションの色違いである陸上自衛隊仕様との比較。
プラッツからキットが発売されるので今回米海兵隊仕様を1機潰して航空自衛隊仕様を作成してみた。
V-22J OSPRAY JASDF

テーマ:模型・プラモデル - ジャンル:趣味・実用

1/144 F-21S ライノ シェルタイプ アグレッサー部隊仕様

青空モデル製 1/144 F-21S ライノ シェルタイプを作成。
F-21S RHIINO

今回はキットをストレートに作成。
カラーリングをデジタル迷彩にしてアグレッサー部隊の機体という設定とした。
F-21S RHIINO

デジタル迷彩はワンフェス2012冬で購入したFOX MILITARY MODELS製のデジタル迷彩デカールを使用している。
デカールには今回使用したグレー系のパターンとブルー系のパターンの二種類が存在する。
F-21S RHIINO

上面。
1/144スケールにはもう少し小さいドットサイズのデジタルパターンのほうが良さそう。
F-21S RHIINO

下面。迷彩は無し。
F-21S RHIINO

今回はキットをC306の単色で塗装しその上にデジタル迷彩デカールを貼っただけのお手軽モデリングであったが、意外と見栄えがする完成品となった。
F-21のような未来的なフォルムにデジタル迷彩はよく似合う。
F-21S RHIINO

以前作成したF-21Aとの比較。
F-21S RHIINO

今回使用したFOX MILITARY MODELS製のデジタル迷彩デカール(画像はブルー系パターン)。
このようにある程度パターン化されているものを適当に切り貼りしている。
デジタル迷彩は自分で塗装するのは面倒なのでこのようなデカールはもっと各社から色々な種類が発売されて欲しいものである。
F-21S_08.jpg

テーマ:模型・プラモデル - ジャンル:趣味・実用

1/144 F/A-18EJ スーパーホーネット Block2 航空自衛隊仕様

ドイツレベル 1/144 F/A-18E スーパーホーネットで架空塗装の航空自衛隊仕様を作成。
F/A-18EJ block2 JASDF

迷彩パターンは過去に作成したスーパーホーネット洋上迷彩とほぼ同じ。
F/A-18EJ block2 JASDF

キットはドイツレベルの新金型を使用。
F/A-18EJ block2 JASDF

以前作成したものは対艦ミサイル装備仕様であったが今回は制空装備仕様として空対空ミサイルのみの武装としている。
翼端の短距離AAMは以前のAAM-3からAAM-5に変更している。
F/A-18EJ block2 JASDF

上面。
F/A-18EJ block2 JASDF

下面。
武装はAAM-4 "99式空対空誘導弾"×6、AAM-5 "04式空対空誘導弾"×2。増槽×3。
プラッツと技MIXの武器セットを使用。
F/A-18EJ block2 JASDF

F-Xは選定の結果F-35Aに決定した為、この仕様は完全に幻となった。
F/A-18EJ block2 JASDF

テーマ:模型・プラモデル - ジャンル:趣味・実用

1/144 X-47B UCAS-D (洋上迷彩仕様)

FOXONE製レジンキット 1/144 X-47B UCAS-Dを作成。
1/144 X-47B

X-47Bはノースロップ・グラマン社により米海軍向けに開発されているステルス無人艦上攻撃機。
キットは2011年2月に初飛行した機体を再現しているが、今回は米軍試験仕様ではなく架空の自衛隊洋上迷彩仕様で作成。
1/144 X-47B


キットは飛行状態と着陸状態が選択可能。
機体は一体成型で部品点数も少なく組み立て易い。
1/144 X-47B

デカールは昇華型プリンタとインクジェットプリンタで作成された精密なデカールが付属している。
インクジェットのデカールは繊細すぎて上手く貼ることが出来ず今回は使用していない。
日の丸デカールはジャンクを使用。
1/144 X-47B

上面。
1/144 X-47B

下面。
ウェポンベイや着艦フックのモールドが再現されている。
1/144 X-47B

テーマ:模型・プラモデル - ジャンル:趣味・実用

FC2Ad

まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。