南ベルカ国営兵器産業廠

プラモデル完成品置き場

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

1/144 JSF F-35B LIGHTNING2 VMA-513 "FLYING NIGHTMARES"

ピットロード 1/144 F-35B ライトニングIIで架空塗装の海兵隊仕様を作成。
F-35B VMA-513

キットはプロトタイプBF-1を再現しているが、今回はドラゴンのハリアーのデカールを使用しVMA-513フライングナイトメアーズ仕様として作成している。
但し垂直尾翼の青とデカール以外はプロトタイプと同じ塗装。
F-35B VMA-513

本キットは垂直離着陸形態と飛行形態を選択可能。
今回は各部のハッチを開いた垂直離着陸形態で作成。
実戦部隊仕様ということで機首のピトー管は切除している。
F-35B VMA-513

上面。
F-35B VMA-513

下面。武装はAIM-120×2、AIM-9M×2。
偏向ノズルは下向き。
F-35B VMA-513

以前作成したF-35Aとの比較。機首周りは結構形状が異なる。
F-35B VMA-513

Yak-141との比較。F-35Bの偏向ノズルはYak-141の技術が使われている。
F-35B VMA-513

世界の実用VTOL戦闘機勢揃い。
F-35B VMA-513

F-35B VMA-513
スポンサーサイト

テーマ:模型・プラモデル - ジャンル:趣味・実用

1/144 F/A-18D ホーネット VMFA(AW)-225 "Vikings" CE-01 2009年仕様

カフェレオJwings4シークレットのF/A-18B ホーネットをリペイントして、
F/A-18D VMFA(AW)-225バイキングス隊長指定機の2009年仕様を作成。
F/A-18D VMFA(AW)-225

デカールはRoseRidge製を使用。
岩国基地配備時の隊長機を再現。
F/A-18D VMFA(AW)-225

上面。
F/A-18D VMFA(AW)-225

下面。武装はAIM-9M×2、増槽×3。
F/A-18D VMFA(AW)-225

F/A-18D VMFA(AW)-225

F/A-18D VMFA(AW)-225

以前作成したVMFA(AW)-224ベンガルズ隊長機との比較。
F/A-18D VMFA(AW)-225

テーマ:模型・プラモデル - ジャンル:趣味・実用

1/144 F/A-18A+ ホーネット VMFA-115 "Silver Eagles" AC200 2005年仕様

カフェレオJwings4のF/A-18C ホーネットを改修・リペイントして、
F/A-18A+ VMFA-115シルバーイーグルスの2005年仕様を作成。
F/A-18A+ VMFA-115

今回は2005年当時の空母ハリー・トルーマン(CVN-75)配備時の状態を再現。
F/A-18A+ VMFA-115

デカールはサンコーマーク製のものを使用。
国籍マークなど基本的なマーキングは含まれておらず、流用する必要がある。
また1/48、1/72、1/144のデカールが1枚のシートに印刷されている為、1/144だけを作る場合には無駄が多い。
F/A-18A+ VMFA-115

上面。エアブレーキには星条旗の塗装。
F/A-18A+ VMFA-115

下面。武装はAIM-9M×2、増槽×3。
機首下面のフォルスキャノピーは原寸大の塗装テンプレートがデカールに付属している。
F/A-18A+ VMFA-115

F/A-18A+ VMFA-115

VMFA-115は2009年9月~2010年3月まで岩国基地にローテーション配備されていた。
岩国配備時の機体はF/A-18A++で、機体の塗装も今回制作したものとはかなり異なっている。
F/A-18A+ VMFA-115


テーマ:模型・プラモデル - ジャンル:趣味・実用

1/144 F/A-18D ホーネット VMFA(AW)-224 "Fighting Bengals" WK-01 2009年仕様

カフェレオJwings4シークレットのF/A-18B ホーネットをリペイントして、
VMFA(AW)-224ベンガルズ隊長指定機の2009年仕様を作成。

F/A-18D VMFA(AW)-224 WK01 2009

デカールはドイツレベルから発売されたF/A-18Dのものを使用。
ドイツレベルのキットではベンガルズとVFA-125ラフレイダーズのマーキングを選択可能。
さらにベンガルズは2007年と2009年の仕様を選択出来るがBu.Noのデカールは2007年用の164694しか入っていない。(2009年用は164699)
F/A-18D VMFA(AW)-224 WK01 2009

カフェレオのB型はほぼD型仕様なので改造は後席に計器盤を追加した程度。
また、ドイツレベルのキットには増槽のデカールは1個分しか入っていないので今回は2個分使用。
F/A-18D VMFA(AW)-224 WK01 2009

上面。
F/A-18D VMFA(AW)-224 WK01 2009

下面。武装はAIM-9X×2、増槽×2。
F/A-18D VMFA(AW)-224 WK01 2009

Jwings4のF/A-18B/Cは機首の形状や主翼の捻り下げの再現などがドイツレベルより優れている。
F/A-18D VMFA(AW)-224 WK01 2009

テーマ:模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル:趣味・実用

Jwings 1/144 F/A-18C ホーネット VMFA-212 "Lancers" WD-01 2008

Jwings4のF/A-18C ホーネットをリペイントして、
VMFA-212ランサーズ隊長指定機 2008年仕様を作成。
Jwings 1/144 F/A-18C VMFA-212 WD01 2008


デカールはRoseRidge製を使用。
この機体は2008年3月の部隊解散時点の隊長機を再現。
Jwings 1/144 F/A-18C VMFA-212 WD01 2008


上面。
Jwings 1/144 F/A-18C VMFA-212 WD01 2008


下面。武装はAIM-9L/M×2、GBU-10×2、増槽×3。
この機体はインテーク周りがダークブルーで塗装されている。
Jwings 1/144 F/A-18C VMFA-212 WD01 2008


今回作成した3機は機首、インテーク部分、胴体後部の合わせ目を消して全面リペイントしている。
使用色はガイアの現用制空機カラー、機体上面色、機体下面色。
制空機カラーはカフェレオが監修しているのでほぼリペイント前の色が再現できる。
Jwings 1/144 F/A-18C VMFA-212 WD01 2008


以前作成したドイツレベル版(2007年仕様)との比較。
以前ドイツレベル版は機首が長いと書いたが、実際には
機体上下の厚みが足りないので機首が長く見えてしまう。
Jwings 1/144 F/A-18C VMFA-212 WD01 2008

テーマ:模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル:趣味・実用

FC2Ad

まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。